Ubuntu > Caps Lockの設定

update 2012-09-08
広告
Caps LockをControl(コントロール)キーに変更する方法を紹介します(Debianも同じ方法が使えます)。

X環境における設定

なんらかのウィンドウマネージャ(GNOMEとか)を利用している場合、GUIから設定できる場合があります。例えば、私の環境では、「システム設定」から「キーボードレイアウト」を選択し、「オプション」を選択すると、「Ctrlキーの位置」という設定が見つかります。そこで「Make Caps Lock an additional Ctrl」を選択すると、Caps Lockをコントロールキーに変更できます。

CUI環境における設定

GUIが使えない場合は、コマンドラインで設定します。まず、dumpkeysコマンドで、キー配置を確認します。
$ sudo dumpkeys | grep 58
keycode  58 = CtrlL_Lock
この CtrlL_Lock を Control に変更して、その上で、その配置をシステムに読み込ませてやればよい(loadkeysコマンド)です。つまり、例えば、以下のようにするとよいです。
sudo dumpkeys | sed 's/ 58 = Caps_Lock/ 58 = Control/' | sudo loadkeys
sedコマンドの入力を間違えると、変な設定になる場合があるので、注意してください。とはいえ、この設定は、シャットダウンすると消えます。常に変更しておきたい場合は、~/.profile や ~/.bashrc などに、上記の設定を追記してください。
広告
お問い合わせは sweng.tips@gmail.com まで。
inserted by FC2 system